studylab_obi_10
suma_studylab_teikyou_elio_2_03

子どもの探究心を大切に育てる

今日獲得した知識や技術が明日の正解である確証はありません。そんな時代に求められる学力育成が、学塾MiRAiの目標です。「学び方を学べ」を方針として、LMSによる学習意欲の喚起と学習の効率化を実現します。また新しい学習メソッドの導入により、次代の学習塾のスタンダードを追求します。

教育改革2020年

2020年に大学入試が変わることはよく知られていますが、同時に大学教育や高校教育の改革が行われることはさほど知られていません。社会の変化が激しく、知識や技術もあっという間に陳腐化してしまう現代。これまでの知識優先の日本型教育を、より柔軟で活用力に重点を置いたグローバル型の教育に改革しようというのが、大きな目的です。

これからは『21世紀型能力』

2013年に国立教育政策研究所が、国際学力調査PISAなどの議論を踏まえ、『21世紀型能力』を提唱しました。そして、これが2020年からスタートする大学入試のしくみの土台となっています。基礎学力テストでは知識と基礎スキルの確認。入学希望者学力評価テストでは、論理的思考力・判断力・表現力などの活用力をテスト。さらに、大学の個別入試ではこれまでの教科試験を排して、小論文や面接などで協働性・コミュニケーション力・社会参画力などを観るとしています。特に英語については、外部テストも採用して4skills(聞く、話す、読む、書く)の試験にするとしています。